障害年金手続きの感想

病院で知り合った同じような病気の人と話していると、○○さんは障害年金を貰っているのか?と尋ねられました。

 

私は障害年金という言葉を初めて聞いたので、何のことか全く解りませんでした。

詳しくは、最寄りの年金相談センターなどに行って直接、聞いてみるといいとの事でした。

 

私は早速、帰りに大阪市城東区の「街角の年金相談センター」に行きました。

そこで事情を話し、障害年金担当者と相談しました。

 

すると障害年金を受給するには、年金手帳、医師の診断書、病歴書が必要という事で、その日は説明と書類一式を受け取りました。

 

翌日に「とよだクリニック」に行き、主治医に障害年金の事を相談しました。

主治医は受給できるかどうか分からないと言っていましたが、私は診断書を書いてほしいと、お願いしました。

 

障害年金申請の様式に沿って書く必要があるので、手渡すまでに2週間ほど掛かるとの事でした。

主治医いわく、医師の診断書より自身の病歴書の方が重要だと言っていました。

 

私はセカンドオピニオンを実施しているので、一番、最初に掛かった「円尾神経科クリニック」の診断書もいるとの事で、円尾先生に事情を話し「初診証明書」を書いてもらいました。

 

翌日、病歴書の書き方を年金相談センターに聞きに行き詳しく書き順を教えて貰いました。

病歴を事細かくに書く必要があるので、自身の記憶が頼りでした。

 

「年金手帳」、「病歴書」、「医師の診断書」、「初診証明書」を用意して、年金相談センターに持って行きました。

 

書類を障害年金担当者が確認して受領してくれました。

書類一式を厚生労働省に送って審査するとの事でした。

審査結果まで約3カ月掛かるとの事で、取り敢えず待つ事にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です