気を付けなければいけない糖尿病患者の夏の食事

暑い日が続くと、そうめんとか冷やし中華とか、冷たい麺が食べたくなります!

お昼ご飯をそうめんだけにしたところ…。夕飯前の血糖値が高くなってしまいました(^^;
炭水化物のみっていうのは、やはり高血糖になってしまいますね(^^;
サラダを用意するのが面倒くさくなってしまい、手抜きをしてしまいました。サラダを食べてからそうめんを食べていれば、ここまで高くならなかったと思います(>_<) やはり、食物繊維は大事だと実感しました。 そして、そうめん(炭水化物)だけを食べたので、サラダ+おかず+ご飯(炭水化物)+汁物という食事より、炭水化物をたくさん食べてしまいました(^^; 栄養のバランスの大事さも実感しました。 そうめん 冷やし中華 冷麺 ざるそば ざるうどん 冷やしラーメン(山形県の名物?) ざる中華 などなど、やっぱり夏は冷たい麺が食べたくなるんですよね~(>_<) つるっと簡単に食べれるし、喉ごしも良いし、食べると涼しくなる気がします☆ でも、麺の前に食物繊維を摂らないとダメですね。あとは、麺の量にも気を付けなければいけません。 夏は汗をかきやすいので、体の水分も失われやすくなります。その為、血液が薄まらず、血糖値が高くなるという事も考えられます。夏は血糖値が高くなりやすいのかもしれません。 東北はまだ梅雨の最中なのに、もう“冷たい麺しか食べたくない!”という日があります(^^; 夏本番まであと少し!血糖値を上げないように気を付けないといけません(>_<)

1件のコメント

  1. 岡山孝範

    ためになりますいい話です、糖尿病はなおらないということには感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です